結果は上々でしょう。

02 octobre 2005

出:Prima Volta

秋冬シーズン開始です。

気が付いたら、メンバーがいないというか、変わっております。

5月に結婚したTrumpetのNさんは旦那と世界旅行中。
HornのRさんは、妊娠末期。
Bass TromboneのFさんは、都合により退団。
TubaのDさんは、「遠くて毎回通うのは辛いから今回は出ない」宣言。


今回の Prima Volta は合唱団のコンサートのお供でした。

金管アンサンブルと合唱という組み合わせは、僕にとっては初です。
どうなることやら。


曲目
DVORAK : Messe en Re majeur
BRAHMS : Bergraebnisgesang
RHIENBERGER : 3 Hymmes

指揮 / 演奏
Daenzer Thierry / Choeur Perseverance de Vallorbe, Prima Volta

日時/場所
9月25日 / Temple, Chexbres
9月27日 / Chapelle, St-Loup
9月30日 / Temple, Le Sentier
10月2日 / Temple, Vallorbe


オケ版からの編曲は指揮者のThierry。
ラッパ吹きなだけに、無茶なところは1st(= プロの奏者)に上手くふってあります。

やはり繊細(?)な合唱と金管はかなり厳しいです。
普通に音を出すと、合唱を消してしまいます。なので、「とにかくずっとピアノ」と言われ、耐え忍びました。


演奏会自体は、全体的になかなか良かったです。
分かる人からは、「Tres beau」とか「(金管奏者がずっと小さい音を吹き続けることについて)良く頑張ったねぇ。」とかコメントが聞こえてきてたので、苦労した甲斐もあったというもの。


しかし、それよりももっと辛かったのは、場所。
初回のコンサートを除き、Geneveからはえらく遠いところ。
Jura地方の山の中。紅葉も始まってました。
練習と本番合わせて7回、会社4時半とか5時でおいとま申し上げ、2時間くらい掛けて通いました。
帰宅は殆ど午前様。バスが無い時は、タクシーで帰宅。

久しぶりに、日本の会社で働いている気分が味わえました。
TubaのDさんに倣って、僕も今回は不参加にすればよかったとかなり後悔。

ちなみに、初回のコンサートは、レマン湖にちかいワイン畑の村。ここは良かった。あとで試飲させてもらったりしたし。

09 septembre 2005

他:自分のBlogが母親に見つかった場合どうすればよいですか。

このブログ、Google社のBloggerというのを使ってます。

えーと、

  • 他と比べてないのでなんともいえないですが、とりあえずサクサク動くような気がします。
  • 一応日本語対応してますが、英語からローカライズされてない部分もまだ多そうです。
  • 上記に関連するのかどうかわかりませんが、かなりの高確率で特殊文字が文字化けします。
  • Defaultでtrackback出来ません。まずされる事は無いと思いますが、万が一の事も考え、一応出来るように頑張ってみました。正常に作動しているかどうか全く持って不明です。
  • ただ、Templateのcodeさえ書き換えれば、いかようにでもカスタマイズ可能です。でも僕には難しいこと分かりません。
  • サイトの上部に "Blogger NavBar"がついてきます。 説明によれば、
    Blogger NavBarにより、サイトの閲覧者はGoogleのサイト検索フォームを使用してあなたのウェブログのみを検索できます。また、最近公開された他のBlogの内容を1クリックで確認できます。

    だそうです。よく分かりません。ちなみに"NEXT BLOG >>" をクリックするとエロサイトにつながることもあります。そして、"BlogThis!" という謎のボタンがあります。

なんでこれを選んでしまったのか今もって不明ですが、とりあえず作ってしまったので、もう少し頑張ってみます。一応必要最低限な機能はついてるし、使い勝手の問題だと思うので。。。


で、Blogger。
きめ細かなHelpがございます。

それは深刻な事態ですな。。。
親に見せられないBlogを本名で出すとは考えづらいが。。。

っていうか、そんなこと調べに来たんじゃないんですけど。

ま、シャレでやってるんでしょうけどね。

でも後数年したら、日本でも自分の子供のblogを探す親って増えるかもしれないですねぇ。まだBlogが流行ってたらですが。

おまけ。

21 juin 2005

出:Prima Volta

Prima Voltaの2004/2005シーズンもこれで終わりです。

曲目
GABRIELI : Canzon Septimi Toni a 8 (n°2)
OFFENBACH : La Grand Duchesse de Gerolstein
GRIEG : Peer Gynt Suite n°1
FARKAS : Danses populaires finlandaise
KOETSIER : Sonata Praeclassica
HAZELL : Three Brass Cats
HAZELL : Kraken
JOPLIN : The Strenuous life
GERSHWIN : Strike up the band

指揮 / 演奏
Daenzer Thierry / Prima Volta

日時/場所
6月17日* / Eglise catholique, Grand-Lancy (Geneve)
6月18日* / Coeur de hotel de ville, Geneve
*Dans le cadre de la Fete de la Musique Geneve
6月21日** / ??(すみません忘れました), Lausanne
**Dans le cadre de la Fete de la Musique Lausanne

今回はトラなし。全部メンバーでまかないました。今まで大抵Piccolo Trumpetが2本必要だったり、ずっと1stというのも辛いので、大抵1stと2ndはメンバーの一人とトラでやってました。でもって、残りを私含め3人で回していましたが、今回は皆でローテーション。

時間があった割には最後までなんか手こずってた印象です。
練習があまり出来なかった曲はやっぱり怪しいまま。

ちなみに、私はペールギュントで落ちました。1小節数え間違えた。演奏が止まらなかったのが救い。

なんか祭りの雰囲気と、連日の演奏会でいっぱいいっぱいでした。あんまり集中できなかったし。

Fete de la Musique Geneveの期間中は、計3団体4コンサートに参加。大学の学園祭を彷彿とさせる毎日でした。当時はバンドのホーン隊とかSalsaバンドとかもやってた。クラシックもやってましたが。

「いい加減落ち着けよ」って感じですね。

街の様子はこちら参照。